アメリカ系外資系企業に転職して気づいたこと①

2016年7月24日

英語力を生かすためにアメリカ系企業に転職し気づいたこと

アメリカ系企業に転職しました。それまでは日本の会社に勤めていたのですが、英語が得意だったのでそれを生かすために外資系に移ったのです

外資系に移って気づいたことがいくつかあります。英語力の重要性を改めて実感しました。英語ができないと、外資系で働くのは難しいです。当たり前のことですが、同僚の社員の言うことが分からなかったら仕事になりません

アメリカ系の人達は早口な人が多くて、相手の話を聞き取るのに苦労することがあります。特に入社してしばらくの間は、苦労しました。話す力や文章を書く力も大切ですが、外資系では英語を聞き取る力が特に重要であることに気付きました。

自分で考えて自分で動く力が大事

セルフマネージメントの力も求められます。日本の企業と異なり、自分で考えて自分で動いていくことが大切です。上司が指示を出して、それに従うこともあります。しかしそれよりも自分で仕事を企画して、その企画に従って動いていかなければ会社の中で実績を上げることができません。

上司は私がやった仕事をチェックするだけのことが多いです。訂正を求められることもありますが、具体的な指示は少ないです。訂正を求められた時も、自分で考えて仕事のやり直しをしなければなりません。

アメリカ系企業は、一人一人の持ち味を大切にすることも分かりました。組織の中の和を大切にする日本人と対照的です。日本の場合は会社の一員であることが重視されますが、外資系では一人の個人としての生き方が重視されます。

自分の意見をしっかり主張

仕事に対して意見を述べる時も個人的な視点が重視されます。それが個性的だったら評価されることが多いです。日本の会社でそんなことをしたら、でしゃばっていると言われることがありますが、アメリカではそんなことはありません。他の人に合わせていたら覇気のない人だと思われてしまいます

アメリカ系企業で働いてみて自分を確立し、自分の個性を生かしながら働くことが成功につながると思うようになりました

外資系企業で必要な英語力はポジションにより変わる

newadvisor2

外資系企業でどれぐらいの英語力が必要かはポジションによってかなり差があります。実際のところ、英語力以上に大事なのは業務に関する経験・ポテンシャルなのです。そのためジュニアのポジションであれば英語については嫌いではなく、これから一生懸命勉強したいという心持ちの方が大事です。一方、本国とのやりとりが多いマネージャクラス以上のポジションであればTOEIC800点以上は欲しいところです。そのため若いうちにジュニアのポジションで外資系に転職し、英語力を磨く環境として外資系企業を利用することは大いにありだと思います。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村