外資系転職成功の秘訣は情報収集力

外資系転職を成功に導く情報収集力

外資系転職を成功させるには求人情報の収集力がとても大事です。それは日本における外資系企業の数が日本企業に比べて圧倒的に少いため、求人数がそもそも少ないからです。

帝国データバンクが発表した調査では、2013 年12 月時点の日本で活動する外資系企業は3189社です。日本の上場企業の総数が約3500社ですから、外資系企業に就職するというのは日本の上場企業に就職するより難しいと言えるでしょう。

ただし難しいというのは難関だという意味ではありません。外資系企業の求人情報をタイムリーに入手し、応募する体制を整えておけば外資系転職の成功確率はぐっと上がります

そのため求人情報をタイムリー収集することが外資系転職の成功にとって大事なのです。

この目的のために活用したいのが転職サービスという無料サービスです。転職活動は現職を持ちながらの活動になる場合がほとんどです。少しでも効率的に転職活動をするために活用しない手はありません。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サービスは大きく分けて転職アドバイザーがサポートをしてくれるサービス求人情報を開示するサービスの2種類に分けられます。

前者を転職エージェント、後者を転職サイトと呼びます。

外資系企業の求人数は日系企業の求人数と比べると少ないですから、転職エージェントも転職サイトもどちらも利用するのが良いでしょう。

転職エージェントとは

転職エージェントは求人企業と求職者の間に入って転職のサポートをしてくれるサービスです。サービスを利用するにはまず転職エージェントに登録をします。その後、転職エージェントの転職アドバイザーと面談をして希望の転職先などの打ち合わせをします。

面談とはいえ何も堅苦しいものではありません。気楽な気持ちで色々相談に乗ってくれるので外資系企業の求人動向なども聞くことができます。

その後、転職エージェントから希望に沿った求人があれば紹介をしてくれます。そして転職エージェントを通じて求人企業とのその後のやり取りを仲介してくれるのです。

気になる費用ですが、転職エージェントサービスも求人企業からの報酬を収入源としているため、求職者は無料で利用できるサービスです。

無料で利用できるサービスですのでどんどん活用して希望の外資系企業の求人情報を集めましょう。

転職エージェントの有効活用

外資系転職を進めるに当たっておすすめなのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントは日々外資系企業の求人情報を集め、外資系企業とコミュニケーションをとっています。その為外資系企業の情報にも明るく、個々の求人企業の雰囲気も理解しています。

これらの情報を無料で直に聞くことができるチャンスは失敗のない転職をするうえで大きな助けになります。

また転職アドバイザーと話をすることで、自分の希望とは違う不必要な求人情報を見る手間を減らすことができるのも大きなメリットです。

さらにメリットは、日本に新規に進出してきた外資系企業にあるケースですが、役員クラスの人員をすでに転職エージェントが紹介しており、今回はその役員がチームを作るために求人するケースです。

感のいい人は直ぐにわかると思いますが、このケースですとこの会社の役員さんと転職エージェントは既に強い信頼関係で結ばれています

気をつけなければいけないのは、このような求人情報は多くの場合非公開扱いだと言うことです。採用する企業は転職エージェントのアドバイザーに、詳細なジョブディスクリプション(Job Description/職務明細書)を渡し、その職務を担うにふさわしい求職者を紹介して欲しいためです。

また求人の中には特定の転職エージェントと専属的な契約を結ぶ、エクスクルーシブ・サーチ(専任契約)というものがあります。これは特定の転職エージェントのみを選任として選び求人募集するものです。

このような場合はこの転職エージェントに登録をしていなければ求人情報にすら触れることができないことになります。

そこで可能な限り複数の転職エージェントに登録し、求人情報を幅広く入手することがおすすめです。

転職サイトとは

転職サイトは様々な求人企業から求人情報を集め、業種別や働き方の違いなど求職者が検索しやすいようにまとめてくれるサービスです。

転職サイトは、広告を掲載する求人企業からの広告費収入を主な収入源として成り立っているため、求職者は無料で利用できます。

この転職サイトは求人情報を探すお手伝いはしてくれますが、基本的に求職者が自分で仕事を探して応募しなければならないサービスです。煩雑なようですがこれが良さでもあります。その理由を説明します。

転職サイトでチャンスを逃すな!

外資系転職の場合は、まず転職エージェントを利用した方が良いのは前項で説明した通りです。ただしここには落とし穴があります。それは転職エージェントの転職アドバイザーが紹介してくれる求人情報は、結果としてその転職アドバイザーがあなたにとって最適と思ったものなのです。

裏を返せばあなたが知らない求人情報がまだたくさんあるということです。その中にはもしかするとあなたが希望する求人情報があるかもしれません。

そういったケースをフォローするために利用したいのが転職サイトです。これは求人広告を出している企業にとっても同じことです。もしかすると転職エージェントが紹介していない、あるいは転職エージェントに登録をしていない求人者の中に、より希望に合致する人材が居るかもしれません。

このような求人広告を出している外資系企業と外資系転職を希望する求職者との間をつなぐのが転職サイトです。

転職エージェントで転職活動を進めつつ、転職サイトで他の外資系企業の求人情報をフォローすれば外資系転職の求人情報収集としてはかなり抜け目なく対応できます。

転職を成功させるには運も大事

転職活動の成功は運も大きく関係すると思います。そしてそれは良い求人情報に巡り合えるかという部分に大きく左右されます。

転職エージェントと転職サイトをうまく活用して情報収集を効率化し、運を引き寄せましょう

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村