面接では相手の聞きたい事をしゃべる。自分の言いたいことを言うだけではダメ。

202009-whatotherswanttoknow

今日は面接の時の注意点について、書いてみたいと思います。

面接の場で独りよがりのコンサルタントになってはいけない

202009-dontbeconsultant

面接で、自分では自分のことをとても良くアピールできて自信満々で面接を終了したにも関わらず、なかなか採用通知をもらえないというケースがあると思います。

企業の採用条件が厳しくなっている、という自分ではどうしようもない理由があるかもしれません。

その場合は自分ではどうしようもないので気持ちを切り替えて、次に行くしかありません。

実際には企業の判断がどうなされたかを知ることは困難なので、自分でやむを得ない事情があったんだと割り切って次に進むメンタリティーは必要だと思います。

ただし、いつもやむを得なかったの一言で済ませてしまうと、もしかすると大事な自分自身の修正すべきポイントを見逃してしまうかもしれません。

そのためやむを得なかったと次を向くメンタリティーとともに、やむを得なかったけどどうすればより次に進めるか?という視点で改善点を見るけるのが得策です。

例えば面接で自分のことをとてもよくアピールできたという場合それは、単に自分が言いたいことを言っただけ、ということかもしれません。

一例として、面接の様子を自信満々に話して周りの人からなんかコンサルタントみたいという評価を受けている人がいました。

もしこれが面接担当官なら、あなたの話を聞いている途中からあなたに興味がなくなっていると思います

面接官も人間。信頼関係がとっても大事

202009-dontbeconsultant

面接でより重要なことは、相手との信頼関係をちゃんと築き、相手がこの人を採用したら会社にとってプラスになるという自信を持ってもらうことです。

もしかするとその人があなたを採用することによって会社内で後から避難を受けないようにという保守的な部分を安心させてあげる、と言う必要があるかもしれません

つまりコンサルタントのように自分自身を熱弁するのではなく、相手の気持ちを知りその要求を満たすような会話をしなければなりません。

この部分を忘れてしまうと、自分ではうまく話せたつもりがなかなか採用につながらないという事態になってしまいます。

面接担当者も、特に人事担当の面接においてはその辺りのやりとりは百戦錬磨の人が多いと思います。

ポーカーフェイスに徹していてなかなか相手が求めているものがわからないかもしれません。

実際いつもわかるわけではないので、その時は仕方ありません。やることはやっているのですから。

これはかなり高度なテクニックなのかもしれませんが、相手の様子を伺いながら自分の主張する

主張しすぎず表面的には控えめながらも、しっかり自分の経歴はアピールする。

上手くいけば途中から相手の態度も微妙に変化してくるはずです。

その微妙な変化から自分の面接に対するアプローチが正しかったか、修正が必要か分かります。

昨日書いたように面接の際には、必ず最低一つは目的をもって受けるようにすると次につながる経験が積めます

自分自身で解決できる問題については事前に練習したり準備をして面接を受け、その結果を受けてさらに修正を加えることができます。

相手の知りたいことを知り自分をうまくアピールする方法は、面接の場でなければなかなか磨くことができません。

そういう意味では面接を受ける際の注意点の中でも高度な部類に入ると思いますが、相手も人間です。

この人と一緒に仕事をしたい、この人であれば大丈夫という安心感・信頼感が技術的な部分よりも時として大事であることが多いということは心に留めておく必要があると思います。

面接は何より経験です。

経験を積むことによって自分のアピール方法が上手くなります。

闇雲に面接を続けるだけではもちろん駄目です。

昨日ご紹介したように、必ず最低でも一つの目標を持って改善を積み重ねていくことで必ず面接対応は進歩します。

少しでも「確かにな」と思うところがあれば、参考にしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
転職活動ランキング