職務経歴を要素に分類することで他業種他職種に挑戦する方法

202009-possible5

このコラムでは、他業種であっても経歴を要素に分類し、各要素の汎用性から他業種他職種に挑戦する方法について書いてみたいと思います。

転職の可能性を無意識に狭めているかも知れません

20200915-5v2

転職活動をする時に一番オーソドックスで簡単な方法は、同業種同職種に転職する方法だと思います。

たとえ自分の履歴書・職務経歴書で自分自身をうまくアピールできていなかったとしても、採用担当者の側で自分が表現できていない履歴書・職務経歴書上のポイントについてもある程度推察をしてくれると思います。

そして不明な点については面接において質問することで、職務経歴を理解することができます。

つまり同業種同職種であれば、履歴書・職務経歴書でのアピールがそれほどうまくなくても、面接に進む可能性はその他の場合に比べて相対的に高いでしょうし、面接の結果も相対的にポジティブなものになると思います。

ところが同業者同職種だけに絞って転職活動をしている場合、転職活動の最初の段階で可能性の入口をかなり絞った状態となってしまいます。

たとえば現在1,000件の求人案件があり、そのうち同業種同職種の案件が10あったとします。

すると転職可能性のある求人案件は10、つまり全体の1%のところからスタートしなければなりません。

Possibility-1v3

全体のたった1%

もし仮に残り999件の求人案件のうち、追加で99件、合計100件の求人情報について転職可能性リストに含めることができれば、単純計算で転職成功の可能性は10倍になります。

Possibility-2v3

可能性が10倍に!

そこで業種が違っても、何らかの職務上の連続性を見つけ出して経歴をアピールする方法を紹介したいと思います。

スキルを分解して転職の可能性を広げる方法

20200915-6v2

例えば現在、教育に関する仕事をしているとします。

教育に関する仕事で身に着けることができる経験・スキルとして、従事する教育領域の専門知識コミュニケーションを主体とした教え方のスキル、複数の生徒・受講者をマネージメントするマルチタスクのスキル などが考えられます。

今回はこのうちコミュニケーションスキルに注目します。

コミュニケーションスキルはほとんどの職種で必要とされるスキルです。そのため対象となる求人情報はぐっと広くなるでしょう。

コミュニケーション能力をアピールして他業種他職種にチャレンジするきっかけを作る上で必要なことは、他業種他職種の新しい仕事で今後どうしていきたいかというビジョンを明確にすることです。

他業種他職種の転職の際に、大きく分けて二つ説明しなければならないことがあります。

過去身に着けたスキルと新しい仕事の連続性を説明する

20200915-7v2

1つ目の質問は「いままでとは違う仕事だけれど、今の仕事を辞めてどうしてこの仕事がしたいの?」というものです。

これに対してはコミュニケーション能力という点で共通点があり、今までの経験を生かせるという説明になります。

どういう今までの経験がコミュケーションスキルを身に着けるために役立ったか。困難か経験は何だった、どうやって乗り越えたかを細かく説明できるようにしておく必要があります。

過去身に着けたスキルと今後のビジョンの連続性を説明する

20200915-8v2

2つ目の質問は「この会社で新しく何を今後していきたいの?」というものです。

いままで培ったコミュニケーション能力を活かして、こういうことがやりたいですというビジョンを明確に説明できることが必要です。

今まで身に着けたコミュニケーションスキルとの連続性を維持しつつ、将来の自分の夢と可能性を熱意をもって説明できるよう準備が必要です。

もちろんそれによって会社にメリットがなければなりません。ここはポイントですので忘れないようにしてください。

会社にメリットのない熱意を説明されても、会社にとっては意味がありません。「がんばってくださいね」で面接が終了してしまいます。

うまくこの2つのポイントをクリアできれば、他業種他職種であっても転職可能枠に含めることが十分可能です。

こういった職務経歴の一貫性と将来に向けての前向きな姿勢をアピールすることができれば、転職活動において採用担当者・面接者の印象はとても良くなります。

可能性を広げるだけではなく転職の失敗の可能性を減らすことができる

20200915-9v2

どうでしょうか?初めから同業種同職種に絞ってしまうと、転職可能性はかなり低いところからスタートしなければなりません。

そして今回のケースでは対象求人案件が10件しかないので、自分で選択をするということが難しくなります。

そうなると、とりあえずすべてに応募して面接のチャンスを経て最終的に採用通知をくれたところに転職をする、という限られた選択になってしまうでしょう。

これは一見良いようですが、選択肢があまりない分、後で間違った・失敗したと思う転職につながる可能性が高くなります

自分の経歴をスキル・経験を要素に落とし込み、その中の一つをアピールすることで、転職可能性を大きくし、その中から自分で選ぶことで納得のいく転職ができる可能性が高まります。

自分の棚卸で転職を踏みとどまることも選択肢に入る

20200915-10v2

またこれら一連の作業を行うことで、自分スキルの棚卸になります。

棚卸をすると、自分の足りない点や今の会社でさらに経験を積める点、そしてその経験を積んだ後の転職であればさらに可能性が広がるということに気づくかもしれません。

そのような可能性が見えたときは急いで転職をするのではなく、今の会社で更にスキルアップを目指すことも選択肢に入ってきます。

是非一度、自分の職務経歴を要素に落とし込んで、自分の可能性について確認してみてはいかがでしょうか。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村