採用面接で批判的な質問をしてくる面接担当者への対応方法

202009-difficultinterview

今回は面接の時になかなか対応しにくい面接官と当たってしまった時の対処方法について、書いてみたいと思います。

最初に言ってしまうと、正直言って私も確固たる「こうした方が良い」と言う考えはありません

採用面接に行ってどんな担当者が出てくるかと言うのは、本当にその場になってみないと分かりません。

もちろん転職エージェントを使っている場合は、できうる限りの情報を教えてもらってから行きますが、本当のところは実際にあってみるまで分かりません。

今回は私が経験したとても難しい人事担当面接官との面接風景をご紹介しながら、私の考えを書きたいと思います。

私が経験した経歴の一つ一つを批判的に質問してくる担当者

202009-howtohandle

人事担当者との面接ですが、人事担当者の面接の重要な目的の1つにその人の人柄を知ると言うことがあります。

業務の事については業務担当者が細かく聞きますので、人事担当者はその人が会社にとって会社の雰囲気に合うのか、他の従業員とトラブルを起こさないかなど人柄を確認するのが面接の大きな目的だと思います。

そのためあまり面接の場で緊張をしてしまうと本当の姿が見えないので、場を和ませるような会話をしたりカジュアルな感じで話を進めてくれるケースが多いと思います。

少なくとも私の経験ではそういうケースが多かったです。

一方で例外的なケースとして、経歴書の一つ一つの動きに対し批判的な質問をしてくる人事担当者がいました。

私自身も面接回数をかなりこなしていてその辺はうまく表面上は対処することができたのですが、内心はもう本当に不愉快でした。

最後にはもう相手の事など正直考えているのもバカバカしくなり、なぜそのような経歴を歩んできたかと言うことを自分の考えでダイレクトに話しました。

その都度自分なりに判断して歩んできた経歴については何の後悔もしていないということ、その上で私のことを評価してくれる人と今後も仕事をしていきたいと言うことをズバリ言いました。

面接の最後にはその人事担当者からポジティブなコメントをいただくことができました。

ただし結果としてその会社から採用通知を受けることはできませんでしたので、この対応が良かったのか悪かったのかはわかりません。

外資系企業のマネージャー以上のポジションなら自分の考えをちゃんと主張できることは大切

202009-keepopinion

外資系への転職の場合は、自分のことをちゃんと主張できる人材が評価されると思います。

ポジションにもよりますが、マネージャー以上のポジションで外資系企業に就職する人は自分の考えを主張できることは必須ではないかと思います。

そのためマネージャ以上の採用ポジションの面接で、このような難しい人事担当者との面接に遭遇した場合は、相手に圧倒されて相手に合わせすぎないことが大事かと思います。

まとめると、人事担当者がとても難しい質問をしてきてそれにどうしても耐えられなくなるケースについては、無理に合わせる必要はなく主張すべきは主張する方がよいというのが私の考えです。

相手に合わせて採用通知をもらっても、本当にその会社に就職してよいのか後で迷うことになるでしょう。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
転職活動ランキング