採用面接で批判的な質問をしてくる面接担当者への対応方法

difficultinterview2

今回は面接の時になかなか対応しにくい面接官と当たってしまった時の対処方法について、書いてみたいと思います。

最初に言ってしまうと、正直言って私も確固たる「こうした方が良い」と言う結論のような考えはありません

採用面接に行ってどんな担当者が出てくるかと言うのは、本当にその場になってみないと分かりません。もちろん転職エージェントを使っている場合は、できうる限りの情報を教えてもらってから行きますが、本当のところは実際にあってみるまで分かりません。

今回は私が経験したとても難しい人事担当面接官との面接風景をご紹介しながら、私の考えを書きたいと思います。

私が経験した経歴の一つ一つを批判的に質問してくる担当者

202009-howtohandle

人事担当者との面接ですが、人事担当者の面接の重要な目的の1つにその人の人柄を知ると言うことがあります。

業務の事については業務担当者が細かく聞きますので、人事担当者はその人が会社にとって会社の雰囲気に合うのか、他の従業員とトラブルを起こさないかなど人柄を確認するのが面接の大きな目的だと思います。

そのためあまり面接の場で緊張をしてしまうと本当の姿が見えないので、場を和ませるような会話をしたりカジュアルな感じで話を進めてくれるケースが多いと思います。少なくとも私の経験ではそういうケースが多かったです。

一方で例外的なケースとして、経歴書の一つ一つの動きに対し批判的な質問をしてくる人事担当者がいました。今回のケースはまさにこのパターンでした。確かに今までも経歴の一つ一つを細かに聞いてくる人事担当者はたくさんいました。それでも今回のように一つ一つを批判的に聞いてくる人は初めてでした。

私自身も面接回数をかなりこなしているので最初の方はうまく表面上は対処することができていましたが、だんだん内心はもう本当に不愉快度が上がっていくのが自分でもわかりました。最後にはもう相手の事など正直考えているのもバカバカしくなり、なぜそのような経歴を歩んできたかと言うことを自分の考えでダイレクトに話しました。

その都度自分なりに判断して歩んできた経歴については何の後悔もしていないということ、その上で私のことを評価してくれる人と今後も仕事をしていきたいと言うことをズバリ言いました。

面接の最後にはその人事担当者からポジティブなコメントをいただくことができました。ただし結果としてその会社から採用通知を受けることはできませんでしたので、この対応が良かったのか悪かったのかはわかりませんが、無理をして採用通知をもらっても入社判断に迷ったでしょうし、そもそもそのような質問をしなければならない特殊な社内事情があったのかもしれません。

外資系企業のマネージャー以上のポジションなら自分の考えをちゃんと主張できることは大切

202009-keepopinion

外資系への転職の場合は、自分のことをちゃんと主張できる人材が評価されると思います。ポジションにもよりますが、マネージャー以上のポジションで外資系企業に就職する人は自分の考えを主張できることは必須ではないかと思います。

そのためマネージャ以上の採用ポジションの面接でこのような難しい人事担当者との面接に遭遇した場合は、相手に圧倒されて相手に合わせすぎないことが大事かと思います。

これはあくまで私の経験上、私が思うことでありすべてのケースで当てはまるわけではありません。どんな場合でも相手に合わせることができる人材を求めている会社もあるでしょう。でもそういう会社に入社したしたいか?いま自分が仕事を選ぶより仕事に就くことが優先か?などの状況によっても判断は変わってくるでしょう。

まとめると、人事担当者がとても難しい質問をしてきてそれにどうしても耐えられなくなるケースについては、無理に合わせる必要はなく主張すべきは主張する方がよいというのが私の考えです。

相手に合わせて採用通知をもらっても、本当にその会社に就職してよいのか後で迷うことになるでしょう。

少しでも参考になる部分があれば幸いです。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村