ドイツ系外資系企業に転職して気づいたこと①

2016年7月24日

ドイツ系企業に転職して分かったこと

ドイツ系企業に転職をしたのですが、性格が日本人と似ている部分があってその辺はやりやすく感じました

規律をしっかりと守るので、よくありがちな外人は仕事に対していい加減みたいなイメージはなく、仕事面では日本人と遜色ないどころかむしろ、日本人以上に真面目に仕事をする部分がありました。そのため自分もちゃんと仕事に取り組もうという気持ちになることができる職場でした。

日本人の場合よくも悪くも仲間意識が働きますから、和から外れると仕事をしっかりしていても白い目で見られることがあり、一方で仲良くしていれば多少仕事でミスをしても許されるようなところがありましたが、ドイツ系の外資系企業に関しては一切そのようなことはなく、いい加減に仕事をすることは絶対に許されないというところがありました。

そして、日系企業と大きく違うところは仕事のオンオフがしっかりとしているので、仕事とプライベートははっきり区別されるという点にあります。

そのため、ドイツ系企業ではサービス残業というものは一切ありませんでしたし、逆に残業をしていると提示に仕事を終わらすことが出来ない人間だと思われてしまうところがあり、逆に評価が下がってしまうようなところがあります

残した成果で評価されるドイツ系企業

このようにドイツ系企業では、成果を残したかどうかということが一番のポイントとなり、ただ会社に長くいれば評価をされるというわけではないので、仕事にメリハリをもってプライベートと両立させたい人には向いている職場だと思います。

もちろん日系企業とドイツ系企業のそれぞれに善し悪しがあると思いますが、今の日本の企業の労働環境を考えるとドイツ系企業のほうがずっと働きやすいかなという感じがしました

性格的にも日本人とドイツ人は似ている部分がありますから、そのような点でも社風が日本人にあっているので日本人が外資系に転職をするならドイツ系が良いのではと感じる部分があります。

外資系転職を考えているなら企業特有の事情を把握しよう

newadvisor2

ドイツ企業に関しては私も同意見です。日本人以上に日本人らしいというのが私のドイツ人に対する印象です。ドイツ企業を見ていると一括りに外資系企業と論じてしまうことの不正確さを感じずには居られません。思うにドイツでは労働者に対する保護がしっかりしておりその社会背景が企業が従業員を大切にする風土に繋がっていると思います。外資系企業への転職を考えているなら一括りに外資系企業ととらえるのではなく、転職エージェントなどを利用してその企業特有の事情を把握することが大事です。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村