アメリカ系外資系企業に転職して気づいたこと③

2016年7月24日

私のアメリカ系企業での勤務体験談

アメリカ系企業に転職して気づいたことは、アメリカ本社の統治能力が意外と低いということです。

私の勤めていたアメリカ系企業の場合には、かなり大きな会社日本支社の売上高も以前は1兆円を超えていましたし、社長も日本人でした。しかも、その社長の上にはアジア・パシフィック地域の会長という人がいるという構造になっていました。

それが売上がどんどんと減るようになって、日本の会社はアメリカ本社の直轄となるようになり、社長や重役も外国からやってくるようになったのですが、最初は私はこれは良いことではないかと思っていました

すなわち、アメリカ本社の優れた人材が直接統治をしてくれるのなら、会社も良い方向に向くのではないかと思っていたわけです。

ところが実際には全く反対でした。これら外国からやってきた人達は、実際に日本のオペレーションを良くするためにやってきたというよりも、ただ単に自分のキャリアのために日本を利用しているだけとしか思えないような状況だったと言えます。

リストラとそれに続く混乱

やることと言えば、日本では考えられないようなリストラを行って、それで浮いたお金で利益をかさ上げして成績を上げ、その恩賞としてアメリカ本社の重役に昇進するというように見えたわけです。

現場では、例えば社内業務のヘルプデスクが外国に移転されて、まともに日本語が喋れないスタッフに電話をして聞かなければならないとか、承認を得るために日本と関係のない外国の人に説明をしなければならないとか、混乱が起こりました

国際的な仕事の分業になっていると言えば恰好は良いですが、外国の担当者もいつの間にかリストラされていなくなったりするし、夜中に外国の人と電話会議をしなければならないなどのこともありますし、第一自分自身がリストラされるかもしれないという状況ですから、かつてはコンピューター業界の巨人とよばれたアメリカ系企業でも今は惨憺たるものです。

アメリカ系企業はリストラもあるが高い報酬も魅力

newadvisor2

このようなケースは業績が傾いてきた外資系企業で良くあるケースです。但し注意しなければいけないのは全てのアメリカ系企業がこのような会社では無いと言うことです。リストラが多く怖いイメージのあるアメリカ系企業ですが、一方で新しいことを作り出すイノベーション能力が高いのもアメリカ系企業の特徴です。イノベーションを起こしている伸び盛りの会社であれば、自己責任の上に自由とそれに見合う報酬を出してくれるのがアメリカ系企業の良い面です。大事なことは間違った転職先を選ばないこと。そのためにも転職エージェントを上手に利用し、非公開求人情報を含む多くの求人情報に接することが大切です。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村