フランス系外資系企業に転職して気づいたこと①

2016年7月25日

フランス系企業に転職して気づいた2つのこと

フランス系企業に転職して私が気がついたのは、大きく2つの事柄です。

リベラルな国柄を繁栄して管理職ポストに男女同数が就いている

ひとつめはフランス系企業ではリベラルな国柄を繁栄して、管理職のポストにも男女同数が就いていることです。真に実力があれば性別は関係なく責任のあるポストを任されます。そのため意欲のある女性は、チャレンジしてみるのが良いのではないでしょうか。

真にリベラルというのは、制度として男女の分け隔てをしないというのではなく自然にそうなっているという点が特徴です。根回しとか駆け引きとか、そうした術はほとんど通用しません。

コンプライアンスについての考え方が発達している

もう一つはコンプライアンスについての考え方が発達している点です。コンプライアンスというと日本企業では誤解している点があります。つまり「法令遵守」だということと、「近頃うるさく言われるので取り組むが利益を出さない仕事だ」ということです。

しかしそれは誤っているということに気づかされますコンプライアンスとは、利害を共有する企業・団体・個人(いわゆるステークホルダーです)と社会的かつ道徳的な合意を形成することです。その結果社会的に信頼を受け、企業の基礎が盤石になるのです。

本業とは関係ないどころか、企業活動そのものなのです。私の場合、入社時のオリエンテーションで、この教育を徹底的に受けました

理解して行動するというよりは、コンプライアンスという種子を頭の中に植えつけて、その果実を日常の業務の中で表出させるというレベルの学習が必要になってきます。

外資系企業で語学力以上に必要なのはモラル

外資系企業というと、外国語に堪能でなくてはならないとか給与が良いなどと言われています。それはある程度事実ですが、それ以上にモラルというものが必要であると私は考えています。チャンスに対する男女の機会の平等や、コンプライアンスについてなど、特にモラルというものを高いレベルで保持していないといけません

つまり旧態依然とした日本企業で、誤った「日本的経営」に染まってしまっている人には、ちょっと太刀打ちできない世界だと思われます。

自己責任の実力社会と社会貢献

newadvisor2

モラルが意味するところは社会的自己責任と置き換えても良いかもしれません。その意味するところは自己責任の実力社会であり、一方で社会貢献を考えていることです。言葉にすると難しいですが、リーダーシップが求められるとも言えるでしょう。これは日系企業でも今後ますます重要なスキルになってきます。

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村