複数の転職エージェントに登録するのがおすすめ

複数の転職エージェントをお勧めする理由

転職活動をするにあたって、転職エージェントの活用をおすすめしています。

特定の転職エージェントしか扱えない非公開求人がある

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • 採用企業との間に入ってくれるので手間が省ける
  • 無料で利用できる
  • 求人企業の雰囲気や採用背景などの情報を聞くことができる
  • 人員をすでに紹介した企業とは特別のつながりがある
  • 特定の転職エージェントしか取り扱えない求人情報がある(エクスクルーシブ・サーチ(専任契約))

このうち最後の2つについては、1つの転職エージェントだけを使った場合は、知ることのできない求人案件ができてしまうということです。

これは大変な機会損失です。

なぜならこのようなケースの場合は、その転職エージェントから紹介をしてもらうことができれば、それだけで有利になるからです。

  • 特別な関係がある = 優先的に扱ってもらえる可能性がある
  • エクスクルーシブ・サーチ = その転職エージェントが信頼されている証

というわけです。

機会損失を防ぐためには1つの転職エージェントだけに絞るのではなく、複数の転職エージェントに登録をする必要があります。

複数のコンサルタントが担当になる

複数の転職エージェントを使うもう一つのメリットは、結果として複数のコンサルタントが担当になってくれることです。

これはコンサルタントとの相性の問題です。

自分の思っていること、希望していることをコンサルタントは一生懸命聞いてくれますが、きっとこのコンサルタントが一番安心して話ができるといった人がいるはずです。

そのようなコンサルタントに出会うことができれば、今後の転職活動において大きな力となるでしょう。

複数の転職エージェントを利用する際に注意すべきこと

複数の転職エージェントに登録をすると、最初だけ自分の経歴や希望の転職条件などの説明を複数回行わなければなりません。これは転職の成功確率を高めるためにやむを得ないと割り切って丁寧に説明しましょう。

自分の希望職種や条件をしっかり分かってもらったのち、非公開求人を含め求人情報を紹介してもらえるようになります。

あまり最初の求人情報のみで判断せず、可能性を高めるために多くの求人に応募することになると思います。

その際に注意したいのが、同じ企業の同じポジションの求人を複数の転職エージェントから紹介を受けることがあります。

その際、複数の転職エージェントを通して間違って同じ求人に応募してしまうことが生じる場合があります。

このようなミスが発生すると、求人企業にも迷惑がかかるほか、どちらの転職エージェントを使うかという点でもめ事が起こります

結局事態を納めるために、両方の転職エージェントに求人応募自体を取り消すといった解決策をとらざるを得なくなるケースがあります。

そうなるとせっかくの求人なのに応募できなくなってしまいます

この話は実際に私が体験したものです。

このような状況を防ぐために、どの企業のどのポジションに、どの転職エージェントを通して応募したか分かるようにしておきましょう

間違えを防ぐためにも、メールは転職エージェントごとにフォルダ分けしておき自動でフォルダに振り分けられるようにしておくと、間違え予防になるとともに、どの求人がどの転職エージェントだったかを管理するのにも役立ちます。

このサイトでも色々な転職エージェントをご紹介しています。

自分の転職希望職種、業種にあわせて気になる転職エージェントをどんどん使って転職活動を有利に進めましょう。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ
転職活動ランキング