外資系企業で働く面白さは実力主義・難しさはドライな人間関係と英語力

2016年8月13日

外資系企業で働く面白さは実力を認めてくれることです

それまでは普通の日本の企業に勤めていたのですが、手を抜いていても大してマイナスにならないかわりに成果を上げてもそれも大して評価されないという感じがありました

評価をされるのは仕事ができる人間よりもゴマすりが上手い人間で、成績のほうが二の次になっているような感じがあったのでやりがいというものはありませんでした

能力がない人であれば、ゴマをすっていれば安泰ですから楽かもしれませんが自分のようにゴマすりができない人間からすれば居心地が悪い事この上ないものでした。

その点外資系企業の場合には、成績重視ですから成績の残せない人間はすぐに会社を後にすることになり逆に稼げる人間はそれだけ優遇をしてくれるのでやりがいは感じられると思ったのです。

出来ない人間は会社を後にすることになるわけですから、ゴマをすっても意味が無いのでそのような無駄なことをしなくては良いのは楽でした。

外資系で働く難しさはドライな人間関係と英語力

その一方であまりにドライな感じが強すぎて、その辺の難しさもありドライすぎるのもやりづらいと思うことはありました

そして、もうひとつは英語力がなければ仕事が難しいということで流暢な英語ができる必要はありませんが、最低限の英語力がないとやはり外資系では厳しいところがあるので英語ができないと辛いものがあります。

ただ、入社前には全く出来なくても入ってからいくらでも対応できるぐらいのレベルではあるのでやる気のある人はなんとかなるのでしょうが、英語アレルギーのある人は少し厳しいでしょうね。

日本の昔ながらの企業と外資系企業ではどちらが良いのかと言ったらなんともいえませんが、実力がある人であればそれをしっかり評価してくれる外資系企業のほうが働きやすいと思います。

外資系企業は大変な部分も多いのですが、自分にとっては成績をそのまま評価してもらうことができるのでこちらのほうが働きやすいです。

外資系企業も業種や国籍により特徴が違います

newadvisor2

このケースのように成績重視で実力主義ドライな人間関係というのが外資系企業の一般的な特徴ですが、同時に外資系企業とは言え人と人のつながりを大事にする側面もあります。この程度は、投資銀行であればよりドライで成績重視だけれども、製造業であればよりチームワークが加味されるといったように業種によるものや、外資系企業の国籍別の特徴があります。このように一口に外資系と言ってもその差はかなりあるのが実情です。転職エージェントの転職アドバイザーを上手く利用して、外資系の実態を理解することが外資系転職のポイントです

外資系企業強い転職エージェント

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

年収800万円以上の求人数 常時10,000件以上満足度 2019年 94.8%求人数 4,461社

JAC Recruitment

JAC Recruitment

1988年より日本で転職サービス支援を開始。外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。業界屈指の豊富な求人数をもち国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからご紹介できる求人が豊富にあります。

JAC Recruitmentを利用して転職された方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心です。

Hays Japan 転職エージェント

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは英国に本社を置く、外資系・日系の転職コンサルティングに特化した企業で、50年以上の歴史と30か国以上で培った転職ノウハウを持っています。求人支援実績は年間2000件以上、特にIT・製薬・製造分野を中心に15分野の専門分野に長けています。

ヘイズ・ジャパンは2001年に東京で設立。3つの国内拠点(東京本社、大阪支店、横浜支店)を有し、日本での最大規模の外資系人材紹介会社として、豊富な実績を積み重ね、着実な成長を遂げています。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

外資系転職を成功させる方法 - にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ 転職活動ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村