テレフォンカンファレンス
外資系企業で働くのに必要な英語力は様々です。オフィシャルな文書の提出が英語で求められることもあるので、敬語も使いこなせる英語力を身に着けることが大切です。帰国子女でも、オフィシャルな英語は意外と苦手な人もいるので、ネイティブの大人が使う敬語で話せたり、書けたりすることは、社内からも評価されることにつながり、いろいろなポジションを打診してもらえる第一歩になります。

私は海外留学経験があり、TOEICは970点あるのですが、ネイティブの人にも納得いただけるライティングに関しては、社会人になっても自分なりに新聞を読んだり、英語の文章に触れるようにしたり、努力はしていました。

海外経験がない社員から、英語の勉強方法について聞かれることも多かったのですが、私は「聞けるようになること」を一番の目標にするように、英語のドラマを何度も繰り返してみることをお勧めしていました。

最初のうちは、日本語字幕で何度も見て、次は英語字幕に切り替えて、最後は字幕なしで見られるようにすると、相当リスニング力が上がります。自分自身、後天的なバイリンガルなので、アメリカのドラマを見ることで、ネイティブの会話スピードに慣れ、留学中もネイティブ同士の会話に加わっていくことが出来るようになりました。

外資系の企業ですと、本社とのテレカンファレンスもよくあります。聞き取れない状態を改善しようともせず、とんちんかんな質問を繰り返し、会話の流れを止めてしまうと、テレカンファレンスのメンバーから外されてしまうことがあります。

私は、英語が聞き取れない状態のまま外資系の企業で働き続けることは怖いことだと思います。オフィシャルな文書とかでわからなければ、わかる人に聞いたり、自分で辞書を引いたりすることが出来ますが、電話応対やテレカンファレンスは逃げ場がありませんし、できる振りは恐ろしくて続けられないと思います。

自分は英語が苦手だから、外資系に入ってもドメスティックだからといって逃げている人もいましたが、いいポジションが空いても、英語の壁から応募できないなど、自分の可能性をつぶしてしまって、もったいないことをしています。

英語力に自信がある人は、海外のポジションに応募できるなど、いいことがたくさんあります。もちろん、入社時の英語力の差は大きいです。英語ができる人間も、努力はしているので、英語が得意でない人が外資系で働くのはハードルが高いように思われますが、TOEICのスコアの上昇など、できない人はできない人なりに評価してもらえるので、フェアだと思います。

アドバイザー

この方のケースは既に十分な英語力があり、テレカンファレンスでも活躍されている経験豊富な人の体験談です。ただし最初からここまでの英語力があるケースはまれです。一番大事なことは英語でコミュケーションをとることについて臆することなくチャレンジする気持ちを持つことです。外資系といえども英語力だけがあれば良いという物ではありません。まずは業務知識・経験が大事です。英語力は少しずつ向上を目指して継続して勉強を続けることで外資系で活躍できる英語が身についていきます。


外資系転職成功の秘訣は情報収集力

外資系企業への転職を成功させるには外資系求人情報の収集力がとても大事です。一口に外資系企業と言っても国籍や業種、企業規模などによりその特色が違うため、自分に合った外資系企業を探すには多くの求人情報を見ることがとても大事です。

とはいえ、転職活動は現職を持ちながらの活動になる場合が多いため、自分だけで多くの求人情報を探そうとしても限界があります。少しでも効率的に転職活動をするためには次のような転職エージェントを利用するのがお勧めです。

転職エージェントは数多くの非公開求人情報を持っており、その情報に触れることができるだけでも可能性が広がります。しかも転職エージェントの良いところは、自分の希望に合った案件を選別して提案してくれるところです。これらを全て自分で行うよりも遙かに効率的に多くの外資系求人情報を知ることができます。もちろんこれらのサービスは全て無料です。

非公開求人をもつ転職エージェント

JAC Recruitment

詳細はこちら ●外資系転職に強い JAC Recruitment が運営。実績25年以上に基づくキャリアサポート

●グローバル企業からベンチャー企業まで、ミドルマネジメントクラスや業界スペシャリストポジションを中心に、シニア、エグゼクティブクラスまで幅広い求人を取扱中

●2015年12月20日現在、総求人数 3899件 掲載求人数 1457件 非公開求人数 2442件、非公開求人率62.6%。非公開求人は極秘プロジェクトに関わる求人や役員、事業立ち上げ、IPOなどの戦略的に公開したくない求人など、非公開の理由は様々。無料会員登録後、アドバイザーと打ち合わせをすることで経験に適した求人情報が公開されます

マイナビエージェント

詳細はこちら ●マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビの人材紹介サービス。転職を多方面からサポート

●転職活動をサポートするマイナビエージェントの強みは、応募書類の添削面接対策「応募書類の通過率は2割」ともいわれる転職での書類審査を有利に進めるため「企業は書類のどこに注目しているか」などを客観的にアドバイス

●2015年12月20日現在、「外資系」で検索した総求人数 627件 掲載求人数 105件 非公開求人数 522件、非公開求人率83.3%。無料登録することでアドバイザーより紹介を受けることができます

DODA

詳細はこちら ●業界最大級、全国100,000件以上の求人を取り扱っています。外資系企業に関する求人数はこの中の一部になりますが、豊富な求人情報を比較検討することで、自分の希望を明確にでき、より希望に合った求人情報を見つけることができるメリットがあり、転職成功に至る可能性が高くなる傾向があります

●全ての求人の内、80~90%は登録者限定で見ることができる非公開求人です。しかも非公開求人の中にはDODAでのみ取り扱っている非公開求人案件もあります。これは企業から信頼されているDODAだからこそできる独占案件です

●電通バズリサーチの調査によれば、インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数による評価で、転職者満足度No1の評価を受けています。

転職サイトでチャンスを逃すな!

外資系転職の場合は上記の転職エージェントを利用するほか、これから紹介する転職サイトも合わせて登録するのがお勧めです。それは転職エージェントの転職アドバイザーが紹介してくれる求人情報は、その転職アドバイザーがあなたにとって最適と思ったものだからです。

逆を言えばあなたが知らない求人情報がまだたくさんあるということです。転職エージェントを使うのは非公開求人情報と転職エージェントが自分の希望に合った外資系企業情報を探してくれる効率化が主たる目的です。そのため効率化の代償として提案されない外資系求人情報があることです。

一見矛盾するようですが、そうではありません。転職エージェントから紹介された外資系企業の求人情報が本当に自分の希望に合致したものであれば、それで良いのです。そうでない場合「もう少し規模の小さい会社はないだろうか?」など具体的な疑問点が出てきます。そのときに転職エージェントに更に求人情報を探してもらうと同時に、自分でも転職サイトの情報を探すことができるのです。

これは求人広告を出している企業にとっても同じことです。もしかすると転職エージェントが紹介していない、あるいは転職エージェントに登録をしていない求人者の中に、より希望に合致する人材が居るかもしれません。このような求人広告を出している外資系企業と外資系転職を希望する求職者との間をつなぐのが転職サイトです。

MIIDAS

詳細はこちら ●「MIIDAS」は、インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイト

●MIIDAS 最大の特徴は「自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の転職実績」「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材(学歴、年齢、経験スキル等)がどれくらいの年収で転職できたのか」検索、閲覧できる点で他の転職サイトと大きな違いです

●MIIDASのオファーは「面接確約」(一部例外あり)。全ての入力項目に記載することで、適正年収を算出して条件に合致した求人がマッチングされ、求人企業が直接コンタクトをとりたい場合にオファーが入ります